つぶやき

手術成功祈願でお不動さんが来てくれた話~喜多院~

2021年8月31日

スピってるはなしです。

変わったこと言うやつやな~

くらいのテンションで見てくださいまし✨

 

 

わたしには持病があり、数年前に手術をしました。

入院はおろか、手術なんてしたことがないし、家族にも経験した人がいません。

もう怖いし不安やし、入院するまで毎日のように泣いていました。

わたしはスーパー怖がりのビビりです。

術後に不具合が生じたら、再手術をしないといけなくなる可能性がある話も主治医からされました。

実際に再手術した人のブログを見つけて恐怖でした。

 

命に関わるものでは全くもってないのですが、やはり不安です。

そこでわたしは、手術前に祈祷をしに行こうと思いました。

まず前提として人間の体から血が出ていると黄泉の国(死者の世界)に繋がるため、その状態で神様のもとに行くと嫌がられます。

喜多院

神社本庁HPより

神様に対して失礼になるため、生理中に神社に行かない方がいいのはこのためだそうです。

でも神社で手術成功のための祈願はできますし、守ってくれると思います。

ただ、

『手術中ずっと見守っていただきたい』場合は、仏様にお願いするといいそうです。

 

仏様なら血が出ていても平気なので、お寺であれば生理中に参拝しても失礼にあたりません。

手術で出血している最中でも、その場に来ていただけるそうです。

わたしは色々調べて、埼玉県にある

 

『喜多院』

 

というお寺のお不動さんにお願いしに行こう!と決心し、はるばる向かいました。

当日、喜多院に到着すると、わたしは心の中で必死にお不動さんに話しかけていました。

喜多院

初めて参拝するときは、まず住所と名前を名乗ります。

  • 今、こういう持病がある
  • 〇月〇日の朝に、どこそこ(住所)にある■■という病院で手術をする
  • 病室は△△号室
  • 手術中、終わるまでずっと見守っていてほしい

という内容を一生懸命話している"最中"にです。

 

「守ってやる」

 

突然、低くて重量感のある声が聞こえました。

耳で聞こえたのではなく、心の中にズドンと響く感じです。

今思い出しながら書いているだけでも、ぐっとくるものがあります。。。

 

このはなしを妹に言ったら

『それ他の人に言わん方がいいで』

と、かなりバカにされたのですがwww

住職の友達がいる知り合いは信じてくれたけどな~

でもでも、本当のはなしなんです。

本殿で手を合わせた後、手術成功の祈祷をしてもらって帰宅しました。

 

いよいよ手術当日

この日のために自分の血🩸を貯め、色々な検査をしてきました。

お不動さんが守ってやると言ってくれたから絶対大丈夫!

めちゃくちゃオーバーですが命に関わるやつじゃないです笑

とはいえ、人の手でするわけですから失敗する可能性もあり、不安はあります。

 

という気持ちで手術室に向かいました。

つづく

 

-つぶやき

© 2022 まきんこブログ Powered by AFFINGER5